資産形成におすすめの本

資産形成におすすめの本をご紹介しています。資産形成のための各種カフェ会を開催していると「おすすめの本はありますか?」と質問されることがよくあります。実際に読んでみて実践し、効果のあった本はこちらです。今後の資産形成にお役立ていただければ幸いです。

金持ち父さん貧乏父さん

資産形成に対する「考え方」を学べる本です。大学生のときに学校の図書館で手に取りました。私が不動産投資家になろうと思ったきっかけの本です。資産と負債の違いなどがとてもわかりやすく書かれています。

Amazonで購入する

ユダヤ人大富豪の教え

アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いと成長の物語。「お金の法則を学ぶ」「失敗とうまくつき合う」「スピーチの天才になる」など、幸せな金持ちになる17の秘訣が書かれています。

Amazonで購入する

バビロンの大富豪

この本の書かれた1920年代と現代では、社会背景や経済情勢など表面的には異なります。しかし、本書の核心をなす「繁栄と富と幸福の原則」は全く不変であり、むしろ現在の日本においてこそ、学ぶべき内容と言えます。

Amazonで購入する

誰も教えてくれないお金の話

著者が、家計、会計、住宅ローン、保険、年金、資産運用、出産、子育てについて、数多くの失敗を乗り越えて体当たりで学んでいく、楽しくてタメになる一冊です。

Amazonで購入する

ゼロ金利に慣れてしまった人のためのオフショア投資入門

「資産を海外に避難させろ」と言われても何をしていいかわからないときに読む本。日本での資産形成だけを考えるのもまたリスクです。海外に目を向けるとまた違った考え方ができるようになります。

Amazonで購入する

毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術

資産形成を考え始めた初期に読んだ本です。給与振込口座から掛金を自動的に引き落とし、しくみが投資信託を買い付けることで、投資にはほとんど時間をかけずにストレスなく投資が続けられるようになる画期的な投資手法が紹介されています。

Amazonで購入する

PAGE TOP